家庭で作るおいしいラーメン講座ひと工夫編ガラスープ
おい おい
おい おい

家庭で作るおいしいラーメン講座トップへ

ひと工夫編

ラーメンを作るときに使用するだしをガラスープといい、これがラーメンの味に厚みをだすポイントです。
専門店では、さまざまな材料を使い平均6時間くらいかけてたっぷりじっくりガラスープを作ります。

 

ガラスープ作りに使われる代表的材料 豚骨鶏ガラ玉ねぎにんじんにんにく
しょうがだし昆布長ねぎ煮干干ししいたけ

ご家庭でもガラスープをつくり、ラーメンを料理してみましょう
ガラスープ調理例
(材料 5人前)
豚骨ド300g鶏もも肉50gにんじん(小)1本
玉ねぎ1/2個しょうが20gにんにく4片
だし昆布3g
作 り 方
1 8リットル以上容量のある鍋に水を5リットルと、だし昆布をいれます。
2 よく水洗いした豚骨(1時間くらい水に浸して血抜きをすませておきます)を鍋にいれ火にかけます。(強火)
3 玉ねぎは皮をむき、もも肉はぶつ切り、にんじんは乱切り、しょうが、にんにくはスライスします。
4 鍋が沸騰したらアクをとって中火にし、3で切った材料を入れます。
5 ふたたび鍋が沸騰したところで弱火にしてこまめにアクをとります。
*このときアクと一緒に骨から出る油までとってしまわないよう注意しましょう。
この油が最大の「旨み 」なのです。
6 約2時間煮込み、骨などの材料を取り除くとガラスープの出来上がりです。
こうして出来たガラスープを使ってラーメンを作ると味に「厚み」がでるのです。
お試し推奨品
西山ラーメン特製ガラスープ
特殊技術でガラスープを濃縮してコンパクトにまとめた商品です。
手間・コストをおさえて味のアップを実現します。
西山本格濃厚ストレートガラスープ
豚骨を骨の髄まで煮出した本格ガラスープをそのままパックしたストレートタイプの商品です。
濃厚タイプなので使えば味にはっきりした「違い」が出ます。

ひと工夫編
ガラスープへ めんへ
たれへ
基礎編&冷麺編へ

ページ先頭へ