会社案内 札幌ラーメンが西山ラーメン

西山製麺と札幌ラーメンの歩み

はじまりは一軒の屋台。
マンガと写真で西山製麺の歴史をご紹介いたします。

会社沿革

昭和25年 4月 西山孝之(故・西山製麺株式会社社長)が、だるま軒に入り製麺部門を担当する
昭和26年 4月 自家用のほかに、他ラーメン店からの要望に応え業務用卸部門も徐々に拡大する
昭和28年 8月 札幌市中央区南3条西8丁目に於いて業務用生ラーメンと皮類製造の西山製麺所を開業
昭和30年 1月 現在親しまれている札幌ラーメンのめん(多加水熟成製法による卵入りでウェーブのかかったアシ・コシの強い生ラーメン)の開発に成功
昭和36年 8月 札幌市中央区南3条西8丁目に於いて第2期工場を完成
昭和38年12月 西山製麺株式会社を設立
昭和40年 1月 本州業務店市場へ「西山ラーメン」の出荷を開始
昭和40年10月 本州百貨店で開催される北海道物産展に「西山ラーメン」を出品
昭和43年 8月 札幌市中央区南13条西10丁目に於いて第3期工場を完成、同所に本社を移転
昭和45年10月 小売店市場へ「西山ラーメン」の出荷を開始
昭和48年10月 ゆでめん、焼きそば、調理めん、冷凍餃子の製造を開始
昭和49年 4月 札幌市学校給食の指定工場に認定され委託製造を開始
昭和50年 4月 海外市場へ「西山ラーメン」の出荷を開始
昭和55年 1月 札幌市白石区平和通16丁目南1番1号において第4期工場を完成、本社を移転する(同工場は、業界では全国初の原料小麦粉の貯蔵バラタンクを設置し、フロージェットミキシングシステムによる完全自動化の衛生合理化工場である)
昭和58年10月 個人向けの通信販売部門の新設
昭和59年 4月 業界では初めて製麺工程にロボットを導入
昭和60年 4月 自主検査の充実を目的とした品質検査室の設置
昭和61年11月 第4期工場の隣接地に第5期工場を新築
昭和62年 4月 小学校の社会科教科書「わたしたちの札幌・3年上(ラーメン工場のしごと)」で西山ラーメンが登場し、札幌市内小学校の公開授業の教材にとりあげられる(継続中)
昭和62年 6月 関東営業所の開設
昭和62年 8月 乾燥ラーメンの製造を開始
平成元年 4月 郵政大臣表彰(郵便事業部門)
平成 2年 7月 関西営業所の開設
平成 2年 8月 第5期工場の隣接地に第6期工場を新築
平成 2年 10月 冷凍めんの製造を開始
平成 2年 10月 FMラジオ番組「西山グルメトーク」の放送開始 (Air-G)
平成 8年 10月 厚生大臣表彰(食品衛生改善向上)
平成11年12月 ホームページを開設、インターネット通販を同時に開始
平成14年10月 物流業務の効率化のため本社工場を整備しロジスティク部門を新設
平成18年 5月 チャーシュー製造のため西山食品(株)を設立し隣地に工場を新築
平成19年 4月 総務大臣感謝状(郵政事業部門)
平成25年 4月 創立60周年を迎え札幌市民、学校、等へ ライラックの苗木2000本を寄贈
平成25年 9月 厚生労働大臣感謝状(食品衛生普及向上功労)
平成25年10月 欧州でのラーメン販売強化のためドイツのデュッセルドルフに、SAPPORO NISHIYAMA EUROPE GmbH を設立
平成26年 3月 札幌市感謝状(学校教育)
平成26年10月 米国での事業拡大のためアメリカのワシントンD.C.に、SAPPORO NISHIYAMA USA INC.(ホールディング)を設立
平成27年 3月 経済産業大臣感謝状(中小企業省)
平成28年 4月 米国でのラーメン販売強化のためアメリカのニューヨークに、NISHIYAMA RAMEN USA INC. を設立

ページ先頭へ